2018.4.19 第15代真藤浩隆氏のご逝去の報に接しました。

詳しくは、OBの広場のページをご覧ください。第15代は幹部が8人で団員も多かった時期です。当時の「剛毅」から真藤氏の寄稿文を再掲します。

 

剛毅第11号から

(真藤浩隆氏寄稿、当時二回生)

 人間が好きになる時がある。自分にはないものをそいつの中に見つけた時、そいつをうらやましいと思うし好きになる。当たり前のことだけど顔が違うように性格も違う。それがいい。

 話を変えよう。よく考えてみたら俺は二回生だった。”もっと二回生らしくしなさい”としかられる。誰からでもない、俺自身から。でもこんなアホな二年もいてもいいと思う。後輩よ他の二年を見習てくれ。

 話を変えよう。秋はいい。一人でいるのが楽しい。俺には孤独がよく似合う。自分の影は踏みたくない、常に太陽を浴びていたい。色々考えても仕方ない。やるだけ、バカになるだけ、応援団を食ってやる!

 

 ふと気づくとそこには詩集があり、秋の木漏れ日を受けていた。その詩集の表紙の”きぼう”という字が眩しかった。


20180303 役員会開催 (全学教育棟E205号会議室)

平成30年度に向けての役員会を下記の通り開催しました。参加者は、古賀・南・河村・長谷・中野・荒木・渋谷・天本・椛島・秋田・井手口・山岸・現役(中村・辻)(敬称略)でした。会議内容は下記の通りです。

① 活動報告

●11/3紫熊祭に参加

・応援団のPRが出来た、チアは4年生も参加してアピールできた、OBは登録制のため見学のみ。

●11/5ホームカミングディー参加

・巻頭言でOBが踊った、応援団OBからの現状や提案発表の場にして活用したい、鼓手は西本が担った。

●2/17九州応援推進ネットワーク合同演武会の見学

・村上(24代)が旗手をした、どこの大学も部員集めに苦労している、熊大の演武は巻頭言、マーチングメロディであった、早めに呼びかけたらもっと集まった。(今回は5人)

 

② 決算と予算と30年度事業計画

●財政支援として、チアの新入部員の初期費用(ウェア、バッグ、シューズ等)を抑えるために5万円交付した。29年度決算見込と30年度予算案を承認した。

●H30年11/3のOB会開催を確認した、それに向けてのスケジュールを協議した。

 

③ H30年度役員会日程の決定

●第1回 5/19(土)14:00  ⇒ 第2回 9/1(土)14:00~  ⇒ 11/3(土)第25回OB会総会・懇親会

 ⇒ 第3回 12/22(土)14:00  ⇒ 第4回 H31年 3/2(土)14:00

 

④ 第25回OB会の内容協議

●本年の幹事(14,15,16代)を中心に昨年の反省を踏まえ内容協議していく。

●主な方針は…大学キャンパスを使用、総会時間を充分にとる、新しい事業も入れる、

 ホームカミングディにも参加する、午後1時(予定)集合で計画する

 

⑤喫緊の課題、活動

●4/4(水)入学式、また新入生事業へのOB会支援方法の検討

●チア、リーダーの新入生入部に向けての取り組み方法(難しい問題で進展せず)

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


第3回九州応援推進ネットワーク合同演武会報告

 日時) 平成30年2月17日(土)13:00~16:00

 場所) 九州大学伊都キャンパス 椎木講堂

最初の演武は九州大学応援団でした。特徴的だったのは、トランペット奏者が5人ほどバックに入っていました。応援団員の生声だけでなく楽器が入ることで応援風景が楽しくなっていました。またユニークな演武も見られました。

次は福岡大学の演武でした。本日の参加大学で最大部員を抱えているだけに迫力ある演武が繰り広げられました。演武(拍手、応援歌など)もよく統制の利いたものでした。なお、両大学ともに女性部員も加入しており、応援団の復活に向けては女子大生の参加が大きな要素になってきます。

そして、3番目に演武をしたのは、熊大・学園大合同演武でした。50周年記念団旗を立てたいというOBの気持ちを24代の村上さんが旗手として実現してくれました。もちろん学園大団員の協力のもとで団旗が立ちました。

村上さんありがとう。

熊大1人、学園大3人という構成なので演武もリーダー1、バック1になります。精一杯の声を張り上げて中村団長も頑張っていました。演武は、九州演武「満月」、学園大の応援歌、校歌がありました。熊大応援団の演武では「マーチング演武」「武夫原頭」の2点だけでした。少人数のため、テープ演奏で効果を図りながら演武もありました。

最後は北九州大学の演武です。昨年は5人ほど団員が板と思いますが、今年は1年生と3年生の団長の2人です。団長もリーダーや鼓手兼務でした。また本演武会の幹事大学として事務も担っており、大変苦労されたと思います。

今回、OB5人で参加して、九州での応援団活動の厳しさを再認識しました。またその復活に向けて各応援団の取り組みも聴取したいと思いました。また、今回の演武会で村上さんの旗手をお願いしましたが、今後もOBとしての支援範囲についてもOB会で検討を要する事項です。

櫻の花咲く4月、新学期を目の前にして、新入生勧誘は現役のサポートに徹するのか独自のOB会活動として取り組むことが出来るのか、心を迷わせる問題であります。

合同演武会を終え、車で来ていた村上さんの車で天神まで戻りました。村上さんは残念ながら所用で参加できませんでしたが、新たに渋谷さんが参加して反省会を開催しました。これからのOB会活動についても新事務局長の椛島さんを囲んで熱く話し合いました。

50周年までOB会を迎えましたが、肝心の現役が1人という厳しい状況をどう解決していくのか、皆さんの知恵を集めてたいと思います。ただ、知恵だけでなく能動的に自らが動く活動を、OB一人ひとりが考えていただきたいと痛感しています。

会場を紹介してくれた渋谷さん、ありがとう。

「うまか遊び庵」のトマト鍋は美味しかった。

以下、パンフレットを紹介します


熊大応援団OB会だより第2号発行!

お手元に届きましたか?

2017年度の熊大応援団OB会報告書として、標記の「応援団OB会だより」第2号を発行しました。

参加者だけでなく欠席者にも読んでもらいたく、約200人のOBに郵送しました。そして来年のOB会に出てみよう!と思っていただけたら幸いです。

今回の投稿も17,18名のOBからありました。それぞれの思いを感じることが出来ました。

このOB会の盛り上がりが、新入生増加、現役活動の活性化の一助になれたらと祈念しています。

反省会&忘年会を12/23(土)に開催します。詳しくは掲示板を…。都合がつけばご参加をお待ちしています。


2017応援団OB会の写真集!


2017年度OB会総会を開催!

2017年10月28日(土)総会・懇親会をメルパルク熊本で開催しました。総会議題の中で特記すべき事案を下記の通り報告します。

 

●OB会に幹事制を設けました。日程等の基本的な方針は役員会で決めますが、当日の受付、運営進行等は幹事に一任します。全員が参加できるOB会づくりの一環です。来年(2018/11/3)は14,15,16代が中心になって運営します。

 

●連絡網をつくりました。これまで慶弔時のOBへの連絡は役員の業務で大変であり、各OBに分担してもらうとともに、横(同世代)の連携を図っていくのが狙いです。また欠席がちなOBへの出席の機運を盛り上げていただければ幸いです。⇒連絡網は名簿に添付しています。


●現役チア団員も一年生の確保が出来ていません。一年生の入団時の特別支出を抑えるためにOB会から直接的な負担減の取り組みをしたい。例えばユ二フォームを購入整備していく財源の一部を負担していきます。

 

●応援リーダー部は今年も団長一人だけ。新入生勧誘時、大学の同窓会でのリーダー部のアピールする場はあるが、どうしても一人だけで困難な場(鼓手がない、団旗も立てられない、バックもいない)もあり、OBがその一翼を担うことが出来るような組織づくりを図っていく。 

 

   ※総会議題⇒OB会年次報告-2017.10.28-事業報告をクリック


OB会のビデオ公開

2017年10月28日のビデオを公開します。幹事の11,12,13代の切れのある「必勝の歌」の演武…そして締めの巻頭言、武夫原頭に草萌えて♪、おまけに2次会の後の下通りでの巻頭言もアップしました。

総会の議事進行の紹介は近日中にアップします。

(2017.11.1記)


10/28(土)OB会参加者報告

(図1)熊大応援団OB会の会員総数は約310名ですが、物故者、退会者、不明、不通者を除くと約210名になり、その方に対して、今回のOB会の案内をしました。

 

 

(図2)その210名の回答状況が(図2)です。参加者44名、欠席で運営費参加が81名になり計125名がOB会の開催に賛同していただいています。(発送者の60%を占有)

特に、運営費納入は予算上は50人にしていましたが、大幅に上回りしました。これは、昨年の50周年事業の盛り上がりと欠席通知者に納入期限を超えた段階で納入お願いハガキを郵送した成果と考えられます。

これからの課題は2点。まず、図1の不明・不通者71名、図2の無回答者35名の方にOB会の参加をどう呼び掛けるか…今回総会で提案する「連絡網」を活用する。2点目はチアOGの参加が少ない点ですが、これもチアOGにとって魅力あるOB会を目指さないといけないと思います。幸いチアOGで運営費納入は26名もあり協力への気持ちは高いです。



2017.9.27 50周年記念演武会.祝賀会のビデオをアップ

遅くなりましたが、昨年の50周年記念事業(演武会.祝賀会)で撮影したビデオをHPで公開します。

           易水流れ寒うして・必勝の歌・熊大同期の桜

 

           翠巒(すいらん)・第三学生歌・惜別の歌

 

           応援団逍遥歌・実践演武 ・椿花咲く

 

           勝利への拍手・田原坂・ 第二学生歌

 

           第一学生歌・我が熊大・武夫原頭に草萌えて


2017.6.22

 

応援団募集看板を作成します。

 

詳しくはブログ記事に立ち寄ってください。

コチラ⇒です